開業された医師の声

開業のサポートはFPサービスへ

2006年7月1日  町田に開院
医療法人社団  絢雄会
佐藤寿一クリニック
理事長  佐藤 寿一 先生

佐藤寿一クリニックのホームページはこちら

私は東京都町田市で2006年7月にクリニックを開院いたしました。開院の準備中も、開院後も同僚や後輩の医師には「開業を考えるならFPサービス(以後FP社)に手伝ってもらうといいよ」と話しています。
その最大の理由はFP社が常に信頼に足る私のパートナーでいてくれるからです。

開院を決断することは大変に勇気のいることです。また準備では想像を絶するほど多くの仕事をこなさなければなりません。 その過程では経験をしたことがない様々な案件に決断をくだす必要もでてきます。
「経営者は孤独だ」とはよく耳にする言葉ですが、まさにその通りだと痛感しました。
そのような時に信頼できる相談相手がいてくれることで不安を乗り越えることができたのです。

準備のピークには日に何度も携帯電話やメールでやりとりをしたものです。
また、私は積極的に医療経営をしていきたいタイプですので、設備投資などがつい過剰になってしまいがちです。一人で判断をすると、一人よがりになってしまうこともあるのです。
そのような時にも客観的な視点から適切な指摘をしてもらえ、ブレーキをかけたり方向転換をしたりすることができました。

また開院に伴って様々なトラブルが発生することもあります。
勤務先や様々な業者さんとの関係が悪化することも多々あるのです。
そのような時に前面に立ってガードしてくれ大変助かりました。
勤務先とのトラブル時には速やかに弁護士と連携をとり、双方納得の行く形で開院することができました。

ただ、FP社に対する注文もあるのです。
この会社はファイナンシャルプランニングをベースに起業した会社ですので、事業計画や銀行折衝、リスクカバー、マーケティングなどは他にないほど優れているのですが、医療機器の選定や医療事務・レセプト業務の指導などはまだあまり得意ではないのです。その分野のノウハウを積み重ねていただきたいと思います。

また、さらに多くの業者さんとのネットワークを構築し、広く有益な情報を提供し続けていただきたいと思います。 開業するにあたってはまず、そのコンセプトを明確にすることが最も重要なことだと思います。
従来の延長線でのみ考えるのではなく、自分の得意分野、地域性などをふまえた開業戦略を構築されることをおすすめします。

医師プロフィール

佐藤 寿一
(さとう じゅいち)

医学博士
日本内科学会認定医
日本糖尿病学会会員
日本消化器病学会認定専門医
日本内視鏡学会指導医
日本人類遺伝学会指導医
日本循環器学会
日本小児科学会

医院開業の無料相談はこちら

このページの先頭に戻る